© 2018 Hokkaido Ramsar Network

北海道ラムサールネットワーク役員(平成29年度)

 

代表    小西 敢

副代表   嶋崎 暁啓

      原田 修

監事    澁谷 辰生

      高島 光雄

事務局長  柴田 真由子

 

 北海道ラムサールネットワーク構成員(平成29年度)

 

釧路湿原

  (公財)日本野鳥の会 鶴居・伊藤タンチョウサンクチュアリ

霧多布湿原

  霧多布湿原センター

厚岸湖・別寒辺牛湿原

  厚岸水鳥観察館

濤沸湖

  網走市 濤沸湖水鳥・湿地センター

  小清水町

阿寒湖

  阿寒湖畔エコミュージアムセンター

風蓮湖・春国岱

  根室市春国岱原生野鳥公園ネイチャーセンター

野付半島・野付湾

  別海町野付半島ネイチャーセンター

クッチャロ湖

  浜頓別クッチャロ湖水鳥観察館

ウトナイ湖

  (公財)日本野鳥の会 ウトナイ湖サンクチュアリ

宮島沼

  宮島沼の会

雨竜沼湿原

  雨竜沼湿原を愛する会

サロベツ原野

  豊富町サロベツ湿原センター

  認定NPO法人 サロベツ・エコ・ネットワーク 

  法昌寺とんこり堂

大沼

  大沼ラムサール協議会

オブザーバ / 協力団体

​  北海道環境財団

北海道ラムサールネットワーク 規約

 

第1条(会の名称、所在地)

1.この会の名称は「北海道ラムサールネットワーク」(以下「会」という))とし、英語名を[Hokkaido Ramsar Network](HRN)とする。

2.その主たる所在地は担当事務局内とする

 

第2条(会の性格)

 北海道内に登録されたラムサール条約登録湿地における保全啓発、ワイズユースなどについての協働及び政策提案型ネットワーク。

 

第3条(目的)

 ラムサール条約登録湿地における保全、ワイズユースについての啓発と推進。

 

第4条(事業)

 1.北海道内のラムサール条約登録湿地に関する情報の発信。

 2.ラムサール条約登録湿地の保全啓発、ワイズユースなどに関する提案。

 3.その他、会の目的を達成するために必要な事業。

 

第5条(構成員)

1.ラムサール条約登録湿地に関わる自然系施設およびそれに準じる関係機関。

 

第6条(役員)

 1.この会に次の役員を置く 代表1名、副代表 2名、事務局長1名、監事1~2名。

 2.役員の任期は2年とする。

 3.役員の再任は、これを妨げない。

 

第7条(事務局)

 1.この会の事務局を会員団体内に置く。

 2.事務局の任期は2年とする。

 3.事務局の再任は、これを妨げない。

 

第8条(会計・事務局経費)

 1.会の会計年度は、毎年4月1日から翌年の3月31日とする。    

 2.年会費を5000円とし、毎年5月に納める。

3.会費は主として運営費にあて、事業費については、その事業毎に寄付、助成金、委託費等で賄うものとする。

4.事業に際し事業費の内2割を事務局員費用とすることができる。

 5.会の余剰金は次の会議、事業等に当てる。

 

第9条(会議)

 1.会議は必要に応じて代表が召集する。

 2.総会は年一回行い、事業、会計、監査報告、活動計画について議決する。

 3.総会の議決は参加者の過半数とする。

 4.会議の議長は代表または代表が指名する者が務める。

 

第10条(入会・退会)

1.代表の承認により入会を認め、総会に報告する。

2.会員はいつでも退会できる。

 

第11条(雑則)

 本規約に定めるものの他、会の運営に必要な事項は代表が定める。

 

 

附則

この規則は平成18年9月5日より施行する。

This site was designed with the
.com
website builder. Create your website today.
Start Now